キャバ嬢のノルマ・罰金って?稼いでも罰金の方が大きいとか?

キャバ嬢は稼げる仕事と思われることが大変多いと思います。

確かに稼ぐことが出来る仕事なのですが、多くのキャバクラにはノルマ制度があるのをご存知でしょうか。

更にその中にはサブ罰金制度があるキャバクラも。

このノルマやサブ罰金というのはどのようなものか見てみましょう。

キャバ嬢のノルマ

キャバクラには女の子に対して課せられるノルマというものがあります。

一体これはどのようなものがあるのでしょうか。

そして、何のためにあるのでしょうか。

ノルマの種類

疑問のその先に

ノルマには色々な種類があります。

お客さんとの同伴ノルマ、指名ノルマ、売り上げノルマ、イベントノルマなど、たくさんの種類のノルマがあります。

これらは、週ごと、月ごとで設定されることが多いです。

お店によって達成しなければならないノルマの量も変わってきます。

キャバクラ嬢の時給は高いですが、ただ単にお店にくるお客さんとお酒を飲んでトークをしているだけではなく、自分からも積極的に営業をかけてノルマを達成していかなければならないのです。

なぜノルマがあるのか

ノルマが存在する理由ですが、この理由はただ一つ、キャバ嬢のやる気を出させるためです。

そもそも、お店ではノルマ以外にもベストオールという店内の女の子の売り上げランキングがあります。

このベストオールの上位の女の子はより良い待遇を受けることが出来ますし、お店の人気のパラメータになるわけで、それだけでも指名に直結する部分があり、皆とても気にするものなのです。

大きなお店になるとたくさんの女の子が在籍しているわけですから、成績が下位の人たちは、ベストオールだけではやる気が出ないこともあり、ノルマも同時に設定し、やる気と共に危機感も煽っているわけです。

ノルマで罰金を取られるのか

通常、達成するためにノルマは存在するものです。

ですから、達成できなかった場合には何らかのペナルティーがあるのは当然のことだと思われます。

ノルマ未達成の場合にはサブ罰金は取られるのでしょうか。

これは、完全にお店によって異なります。

中堅以下のお店の場合は罰金が取られることもありますが、大手の場合ではノルマ未達成でもサブ罰金が課せられるようなことはほとんど無いのです。

サブ罰金を取らない理由

ノルマを達成できないことにより、サブ罰金を取ろうとするお店は、経営理念に問題がある場合が多いです。

そもそもノルマが達成できないことに対して罰金とすると、逆効果になってしまうことが多いのです。

単純にできなければ罰金としてしまうと、それならばやりたくない、辞めてしまおうと考える女の子は少なくはありません。

ノルマが適度であれば、せっかくだから頑張ってみようという気持ちにもなるのです。

元々仕事の中身に対して、あらゆる場所にノルマが設けられているわけですが、それら全てに対して達成が義務付けられていて、なおかつその全てに罰金があるとしたらどうでしょう。

普通に働いている分の給料が罰金で飛んでしまう可能性すらあるかもしれません。

元々はやる気を煽るためのものですから、お店側としてもそこまで厳しくする必要は無いのです。

それに、いちいちノルマに罰金を設けていては、それに対して女の子はシビアになってしまいますし、それがお客さんにも伝わってお店の空気がおかしなことになる可能性だってあるのです。

キャバクラの罰金

マザーファッカー

キャバクラには罰金と呼ばれるペナルティがあるお店は決して少なくはありません。

一切罰金なしと書かれているお店でも、別の方法で対応しているお店もあります。

そもそも、キャバクラも商売ですから、いい加減ことをされるのを防ぐために作られている規則なのです。

そして、勘違いしてはいけないのは、この手の罰金に関しては、お店側は取りたくて罰金を取っているわけではないということです。

どんなサブ罰金があるの?

キャバ嬢のサブ罰金には色んな種類があります。

例えば、遅刻をしたら罰金、無断欠勤をしたら罰金、当日ドタキャンに対しての罰金などをはじめとして、様々な場面に対しての罰金があります。

前述のように、ノルマ達成に対する罰金制度があるキャバクラもあります。

一般的には、どんなことをしたのかによってサブ罰金の金額は異なってきます。

無断欠勤の場合は2万円、当日欠勤の場合なら1万円などと決められていることが多いですが、この金額もお店によってルールが異なります。

サブ罰金がある理由

どうして罰金があるのかということです。

最初に、そもそもお店は特別罰金を用意する必要性は無いということを知っておくべきです。

どういうことかといいますと、サブ罰金制度は、ちゃんと女の子が出勤してくれるなら必要の無いものだからです。

どうして罰金があるのかというのは、ズバリ遅刻や欠勤を防ぐためです。

何も罰則が無ければ、遅刻や欠勤をする女の子はいくらでも出てきます。

ただでさえ遅刻をされてしまっては、お店も商売になりません。

だからこそ、サブ罰金をペナルティとすることで、女の子を管理しているのです。

前述のように、ノルマに対しての罰金があるお店の場合は考えた方がいいかもしれませんが、遅刻や欠勤に対する罰金については、あって当たり前と考えた方がいいでしょう。

ノルマはどうしようもないですが、この手の罰金はしなければ良いだけの話です。

キャバ嬢の現実

キャバ嬢はノルマ、罰金があることでどのような現実に直面しているのでしょうか。

ノルマは達成すればいいものですし、罰金についてもしなければ何も無いというのはありますが、やはりノルマを達成できない、罰金に相当することをしてしまうこともあると思います。

ノルマを達成できない

ノルマが達成できないことによる罰金があるお店は確かに存在します。

そういうお店の場合、月別、週別による売り上げや指名の本数が決まっており、それを達成できなければサブ罰金となるわけです。

キャバクラは時給が良い、稼げるとは言われていますが、ノルマを達成できないとせっかく稼いだ給料が減ってしまいます。

週に1日しか働かないような場合にもノルマが設定されていると稼げるどころかほぼボランティアのようになってしまいます。

当然給料を減らされないよう、努力して指名や売り上げを増やす努力をするわけですが、結局競争がありますから、誰かが得をして誰かが損をするというお店もあるのです。

そうなると、お店全体の空気が悪くなってしまうことも考えられるわけですが、そういうリスクがあっても罰金制度を設けるキャバクラがあるのもまた現実なのです。

遅刻や欠勤

時計にこんにちは

遅刻や欠勤に対しては、大体のお店は罰金の制度があるところが多いです。

この罰金によって、稼ぎがほとんど無くなる場合もあります。

1回の欠勤に対して1万円や2万円引かれるとしたら、1日、2日分の給料が無くなることもあるのです。

働く意味が無いくらいに収入が少ないこともあり得るわけです。

せっかくキャバクラで働いているのに、本当に稼げていない女の子も中にはいるという現実を知っておくべきです。

もちろん、こうした状況はお店も望んでいるわけではないですが、ここまでしなければ遅刻や欠勤を平気でして来る女の子の数が減らないお店もあるのです。

ノルマや罰金が無いキャバ嬢

キャバクラの中には、実はノルマや罰金という概念が一切無いものもあります。

そして時給も申し分は無いというものです。

キャバクラ並にお金を貰うことが出来て、ノルマや罰金が一切無いのは凄い話です。

そんな夢のような仕事はどこにあるのでしょう。

キャバクラ派遣

このノルマやサブ罰金の一切無いキャバクラというのが、キャバクラ派遣と呼ばれるものです。

文字通り、キャバクラに派遣で行き仕事をすると言うものです。

派遣ですから、当然ノルマを課せられるわけではありません。

レギュラーで働いているわけではありませんし、そもそもスポット出勤という性質上、何もペナルティが課せられるようなこともありません。

時給に関して言えば、一般的なキャバクラよりも少し少ないところが多いですが、それでも派遣だけあってそれなりの金額ですし、たくさん入れば十分に稼げる仕事なのです。

どんな仕事をするの?

キャバクラ派遣の仕事というのは、特別お客さんに対して特別な接客をするわけではありません。

呼ばれたらそこに行き、ヘルプをするというものです。

お店で働くレギュラーの女の子が足りないときに呼ばれるものですから、最低限お店が回るようにすれば良いのです。

補助的な役割ですから、ノルマや罰金が無いのは当然のことなのです。

もしもノルマや罰金があって、それに対してスポットでしか来ない女の子が達成のために必死になって、レギュラーの女の子がノルマを達成できないという話になるとおかしいですよね。

単純にノルマも罰金もなしに、気持ちよくキャバクラの仕事で稼ぎたいというのならば、キャバクラ派遣という選択肢もありです。

稼げるの?

キャバクラ派遣の仕事は、一般的な派遣の仕事よりも少し時給が良いくらいのものです。

ですから普通に稼げるという程度です。

もちろん、入ったら入っただけ稼げるというのは間違いありません。

ノルマに対しての達成ボーナスなどは当然ありません。

この点に関しては一切期待は出来ませんが、その分給料を減らされる要素がありませんから、通常のバイト感覚で仕事が出来るのが大きな特徴です。

シフトに関しても出勤時間に関しても、それといった制約も無く、好きなときに好きなだけ働けるというメリットがとても大きいです。

派遣ですから、掛け持ちも自由です。

まとめ

ノルマや罰金の制度について、少しでも分かってもらえると幸いです。

それぞれの制度に対しては、お店が何らかの意図をしていることも同時に理解してもらえると嬉しいです。

特に罰金については、金額にもよりますが生活にダイレクトに関わることもある問題ですから、これらの中身をしっかり理解した上でお店を選ぶのが重要です。

そして、本当に気楽に働きたいのならば派遣を選んでしまうのもいいでしょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする