ラウンジ『方言女子』のバイト情報!方言・訛りで活躍できる

六本木には、方言女子というアミューズメントバーがあります。

このバーは、ドラマや映画など、数々の@プロデュースをしてきたYoshiという人がプロデュースをしたお店となっています。

では、更に詳しい内容について、見て行くことにしましょう。

方言女子とは

方言女子は、六本木にある新感覚のアミューズメントラウンジです。

プロデュースしているのは、ケータイ小説作家としても知られている、yoshiが総合プロデュースをしているお店なのです。

お店にいるのは、東京にやってきた、たくさんの地域からの方言女子たちです。

全国各地から色んな方言を持った女の子たちが在籍しているのです。

もちろん、好きな方言を指名して女の子と楽しむのも自由となっています。

色んなサービスが展開されているのですが、ここではその点についての紹介もしていきます。

方言の力によって、癒されることは間違いありません。

ぜひとも極上の一時を過ごして欲しいものです。

方言女子が人気の理由

なぜ方言女子が人気なのかということについて考えてみましょう。

この方言女子というお店には、たくさんの地域からの女の子が集まっています。

枠組み日本

そして、色んな地域の方言の女の子と遊ぶことが出来るお店となっています。

ですから、東京にやってきて、しばらく自分の故郷に帰っていない人も、ここで故郷の方言の子と話すことで懐かしい気持ちになれますし、元気を貰うことができると言うわけです。

また、自分の住んでいる地域以外に憧れの場所があったとしたら、その地域の方言の女の子と話をすることが出来というわけです。

これは何気に嬉しいものではないかと思います。

例えば、関東の男性は、関西弁で話をする女の子が好きと言う傾向があるとのことですが、なかなか普通に東京で生活していても、身近な人が関西弁を使う女性であることが分かることは少ないです。

ですが、方言女子を使うことによって、何も苦労することなく狙った方言の女の子との会話を楽しむことが出来るわけです。

故郷の女の子と離すことが出来る、希望の方言女子と話をすることが出来るというのが大きな人気の秘密だと言えるのです。

方言女子はサブバイトとしても人気

この方言女子ですが、サブバイトとしても人気であると言われています。

どうして人気なのかについて考えてみます。

こうした場所であれば、六本木ということもありますから、やはり地方から出てきた女の子であっても方言を使わずにというのが当たり前になってくるはずです。

要するに方言を出してはいけないということもあって、どうしても田舎から出てきたばかりの女の子は働きにくい傾向があるのです。

サブバイトとして、それが好まれるケースもあるかもしれませんが、一般的には方言は直す必要が出てきます。

ですが、方言女子の場合だと、何も意識せずに、そのままの言葉で働くことが出来ますから、田舎から出てきたばかりの女の子のサブバイトにはもってこいというわけです。

方言は恥ずかしいから使いたくないという女の子もいると思いますが、東京にいてもここなら飾らずに話すことが出来るということもあって人気があるわけです。

ちなみに、このお店の場合だとノルマが無いということもあって、それも人気の一つではないかと思われます。

基本的にこういうタイプのお店はノルマがあって当たり前とも言われています。

そもそもノルマは達成させることに対してやる気を出させるためのものですが、達成できなければ罰金が発生するお店もあるということで、不安を覚える人もやはりいるのです。

しかし、方言女子の場合はそういうことが無い分安心して働くことが出来るわけです。

会話に専念できる

もしも働くとなった場合には、とても気楽なスタイルで働くことが出来ます。

ラウンジスタイルのお店ということもあって、私服OKということに加え、髪の毛のセットをする必要もありません。

重力

更に、接客中にはキャバクラのようなタバコに火をつける、お酒を作る、名刺交換などのマナーも必要ありませんから純粋に会話を楽しみつつもしっかりお金を稼ぐことが出来るようになっているのです。

シフトは自由に決めることが出来るということもあって、サブバイトとして利用するのにはもってこいではないでしょうか。

何よりも、ペナルティが無いという点も優しいポイントと呼べるのではないでしょうか。

サブバイトとして働くというのは、結局サブバイトという立場上、すぐに切られる可能性もあるわけで、仕事をちゃんと覚えなければならないというプレッシャーもあるわけですが、そういったことも無く、リラックスして働けるのは大きなメリットではないかと思われます。

yoshiについて

数々の功績を残してきているyoshiという人物。

ケータイ小説作家をはじめとした多くの顔を持っている彼について紹介します。

実はケータイ小説のプロデューサー

yoshiと言えば、ケータイ小説作家として多くの人に知られていることでしょう。

Deep Loveシリーズはもちろんのこと、様々な作品を生み出してきたわけですが、元を辿ればケータイ小説そのものが彼の作り出したものだというのです。

その後、ケータイ小説というのは大きなブームになったわけですから、彼の作り上げた功績というのはとてつもなく大きなものであるということが分かります。

そして、自信が作り上げた作品をベースにして、企画、販売、CM制作や映像化など、全ての面におけるプロデュースを行ってきているのです。

ドラマの脚本に監督なども行っているという、マルチな才能に溢れた人物なのです。

活動について

彼の作り出したケータイ小説の一つであるDeep Loveは、掲載が始まってから3年という期間で非常に多くのアクセスを記録しています。

この作品は、2002年には映画として公開されていますし、2004年にはテレビドラマとして放送されているのです。

また、2005年にはもっと、生きたい…という作品に加え、恋バナ 赤と青を発表しています。

発表からわずか一ヶ月という短い期間でありながらも100万部という売り上げを達成しています。

2006年には翼の折れた天使たち、そして2007年にはLAST LOVEを発表し、いずれもドラマ化、そして映画化されています。

2012年から2013年にかけて、ブログ小説として新Deep Loveを連載しています。

新しい挑戦として

そんな彼が新しい挑戦として作り出したのが方言女子というラウンジなのです。

この方言が生きるお店だからこそ出すことが出来る独特の魅力は素晴らしいものがあります。

関東圏の女性でも働くことが出来るのはもちろんですし、方言をたっぷりと生かすことが出来るのです。

yoshiの知名度と話題性、それに広告による宣伝を行うというスタイルがあるからこそのノルマなしというスタイルは、彼の人間性を表しているとも言えます。

通常であればノルマがあるのは当然なのですが、そこをあえてなくすというのはなかなか出来るものではありません。

正に、多くの人を虜にしてきたエンターテインメント業界のトップを走ってきた人だからこそ作り上げることが出来たお店ということです。

夜の仕事だけをしてきた人にはなかなか作り上げるのは難しいお店ではないでしょうか。

独特のサービス

この方言女子では、独特のサービスがあります。

それは、方言カラオケというものです。

軟なハートがしびれる

例えば、大阪出身の女の子なら大阪弁を使った持ち歌を披露してくれるといった感じです。

カラオケルームは完備されていますし、別途1000円という安価での利用が出来ます。

こちらも地元が同じ女の子との会話は盛り上げること間違いなしでしょうし、更にカラオケまで楽しめるとなると言うことなしではないでしょうか。

一緒に話をする以外にもカラオケなどの遊びを一緒にすることは親近感を増すことに繋がります。

これによってお客s難も気持ちの良い気分になれますし、また行きたいという気持ちにもなれるわけです。

こうしたサービスはものすごく画期的で、ありそうでなかったサービスだと言えますね。

また、こちらもちょっと憧れているという方言がある場合にはそれを喋ってもらうことが出来るというのもあるでしょう。

いずれにせよ、長らく故郷に帰っていないという人にとっては魅力的なサービスだと言えるでしょう。

気楽に方言を使える

お店に来ている男性客もそうですが、働いている女の子にしても気楽に方言を使うことが出来るということです。

どうしても地方から出てきた人間というのは、なかなか普通の環境においては男女問わずに方言を使うことは出来ません。

会社でももちろんそうですし、どの環境下においても自分の素を出すと言う意味ではなかなか難しいところがあったのではないかと思われます。

ですが、方言女子であれば、そのようなことも無く、ある意味では素の自分を出しながら男女共に生き生きと過ごすことが出来るのです。

言ってみれば、都会に出てきた人たちにとってのオアシスのような存在になりえるわけです。

そのような力をこのお店は持っているのです。

ちなみに、レディースドリンクというものがあって、それを飲むことによって特別なせりふを言ってくれるというサービスもありますから、男性客からしたらとても嬉しいものです。

都会暮らしに少し嫌気がさしたときなどに癒されたいと思ったときにぴったりのお店ではないでしょうか。

40名以上が在籍

現在、この方言女子では、40名以上の女の子が在籍しています。

もちろん、出身地も様々で、多くの人たちを日々喜ばせています。

お店の雰囲気も申し分ありませんし、その中でじっくりと女の子たちとの方言での会話を楽しむことが出来るのです。

六本木に立ち寄った際には、大勢の方言女子に囲まれてたっぷりと会話を楽しむというのはどうでしょうか。

きっと素晴らしい時間になることでしょう。

まとめ

方言女子と言うお店は、とても魅力的な人が作った魅力的なお店であることが分かったのではないかと思います。

もしも六本木を訪れたという日には、是非とも一度、この方言女子に行ってたくさんの女の子と方言を使って気楽に楽しい一時を過ごして欲しいものですね。

また、働きたいという地方からの女の子も、気軽に面接を受けに行ってみて欲しいものです。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする