ソープで性病感染トラブルとHIV対策、早期発見も有効

風俗の仕事が語られる際、注意点としてよく挙げられるのが、性病感染についてです。

なかでもソープランドはその可能性が高まることで知られています。

今回は、性病の特徴や防止策、また特に危険なHIV/エイズについてなど特集しました。

ソープ嬢バイトを検討している方は、ぜひ目を通しておいてください。

ソープの仕事は性病感染リスクが高い

風俗で働いている以上、ほとんどのジャンルで感染する可能性はあると考えておくべきです。

粘膜同士の接触がある仕事はもちろん、キャバクラやガールズバーなどであっても、まったくゼロとはいえません。

そもそも、風俗で働いていなくたって、プールや温泉を通して感染する可能性は考えられます。

ですがソープにおいては、数あるケースの中でも感染しやすい環境となるため、特に注意が必要です。

ソープの仕事には、一般的なヘルスで見られるキスやフェラ、素股のほか、本番も含まれています。

性器同士の接触による感染は、キスなど以上に確率が高まるため、感染しやすいのです。

また高級店、超高級店ともなれば、NSと呼ばれるコンドームを付けずに行う本番もあるほどです。

さらにソープランドを好む男性は、日ごろからあらゆるお店を訪れ頻繁に楽しんでいることも多く、病気を持っている可能性がやや高いです。

ソープ嬢バイトを検討する際には、そのことも理解した上で考えるようにしましょう。

ソープ嬢

性病になるとどんな症状が起こる?

主な性病の種類には、HIV/エイズ・淋病・梅毒・クラミジア・毛じらみなどがあります。

それぞれに特徴はありますが、比較的多くのもので見られる代表的な症状を、ここでは紹介したいと思います。

風俗勤務中、または風俗嬢でない人も、こうした症状が見られる際には早めに病院へ足を運ぶべきです。

例えば、性器周辺が赤くなっている・腫れている・肌荒れしている、長期間に渡りだるい感覚が続いている、口の中に異常が見られる、黄疸が見られるなどです。

これらがもし一つ以上重複して現れているようであれば、かなり感染している確率は高いといえるでしょう。

性病はどんなときにかかりやすい?

性病といえばちょっと特別なものにも感じられますが、実は基本的に、多くの人が菌を有しています。

精液や血液のみならず、涙を介して感染するときもあるほどです。

では、なぜ発症する人としない人がいるのでしょう。

それは、体の調子が大きく影響しているからです。

実は菌に感染しても、体調を整えて高い抵抗力が維持できていれば、発症には至りにくいです。

逆に風邪をひいたりストレスを溜め込んでいる場合は、わずかな感染でも症状を起こしてしまいやすいです。

そのため風俗、そして中でも感染リスクの高いソープで働く際には、体調管理へ特に気を遣ってください。

特に懸念すべきHIV/エイズ

HIV/エイズという病名を聞いたことがある人は、少なくないかと思われます。

危険性の高い性病ですし、また特集番組やニュースでも度々問題視され取り上げられています。

話題性の通り、性病の中でもトップクラスに気をつけるべき病気ですので、知識をしっかり備えておきましょう。

HIV/エイズの特徴は、肌に円形のあざのようなもの、赤茶色のぶつぶつが見られるという症状です。

困ったことに、発症後すぐにこうした分かりやすい症状は見られず、10年近くも潜伏した後で現れます。

そのため、初期対応や感染源の特定が難しい病気でもあります。

さらにこの症状が起こるとさまざまな合併症を引き起こし、あらゆる病気への抵抗力が低下します。

そして、最後は痩せ細り急激に体が衰えていきます。

有効な治療法は見つかっておらず、一度かかると不安が大きいです。

また、強い感染力を持っていることも重大な点となっています。

性行為による感染から、血液感染、さらに親が感染していれば、子供も否応なしに症状を受け継いでしまうことも少なくありません。

こうした危険な特徴から、海外では自分がHIV/エイズと分かっていながら不特定多数の人とセックスをすることは、犯罪とみなされるケースもあるほどです。

性病ウイルス

性病感染を防止するには

あらゆる心配をもたらす性病ですが、注意を怠らないことで感染確率は低下します。

風俗、さらにはソープで働くともなれば、日ごろからの努力が欠かせません。

代表的な防止策をピックアップしたので、チェックしてみてください。

プレイ前の消毒を念入りに

見た目的に健康そうでも、性病のウイルスを持っていないとは限りません。

そもそもウイルスは人間の目に見えない極小さな存在です。

念入りな対策が欠かせません。

まず手軽な方法として、プレイ前の消毒が有効となります。

備え付けのマウスウォッシュやイソジン、消毒液を使ったケアで、ある程度の菌を殺すことができます。

効果としては気休め程度ですが、それでも確率が下げられることに変わりはありません。

費用や実施時間もわずかで済むため、かならず行いましょう。

体調管理による予防

前述にも挙げた通り、性病の菌が感染してもすぐに発症するとは限りません。

体調が悪く、抵抗力の低下しているときこそその確率は高まるため、日ごろから十分な睡眠やバランスの取れた食事、定期的なストレス発散を取り入れて、体を健康に保っておきましょう。

シフトをたくさん入れて、お金を稼ぐことも大事かと思われますが、そうした意味でオフ日もちゃんと作ることが欠かせません。

NSによるプレイを避ける

高級・超高級ランクのソープランドでは、コンドームをつけずに本番を行う、NSプレイが多くあります。

ゴムなしでのセックスはお客満足度が高く、また高級店以上ならではのサービスであることから、高所得者がステータス的な意味で楽しむといったケースも少なくありません。

一回の利用料金がかなり高く、ソープ嬢へのバック率も高いので、充実した生活に繋げられます。

ですが前述にも触れたとおり、NSでの本番行為は性病感染の確率を大きく高めてしまいます。

高級ソープでも、NSなしにて働くことは可能です。

つまり、ゴムありということです。

その分報酬は下がるかもしれませんが、健康面を守る意味でこちらはより安心感が持てます。

またもし感染してしまった場合、完治まで働くことはできないため、その間の歩合収入が基本的に0となってしまいます。

そのため報酬は比較的低めながら、安定的に働けるゴムありの方が効率的といえます。

それらを踏まえ、性病を防ぐなら、断然NSは避けるべきでしょう。

感染リスクの低いジャンルに変える

ソープランドは、風俗の中でも随一といえる高報酬を誇りますが、トップクラスに性病が懸念されるジャンルでもあります。

そのため、どうしてもソープでなければいけないというこだわりがないのであれば、思い切って別の風俗に移るというのも、性病感染の確率を下げる有効手段といえます。

収入が下がったり、また新たな環境となり不慣れな面を感じるかもしれませんが、健康管理の意味ではより安心です。

早期発見も有効な手段

感染自体を防ぐことは重要ですが、風俗である以上、性病にかかってしまう可能性はどうしても拭えません。

どんなに注意を払っていても、感染するときは感染してしまうのが実際のところです。

とはいえ、だからといって落胆する必要もありません。

症状が出る前、悪化する前の早期段階で発見できれば、体調のしんどさをそこまで感じず、またお客さんからのクレームを受けることなくスムーズに治すことも可能です。

優良店においては、多くがソープ嬢のため定期検診を取り入れてくれています。

定期的にしっかり専門的な診断を受けていれば、早期発見や予防への意識を強く持ち続けることに繋げられます。

そのため、各予防法を実践するのみならず、定期健診ありのお店を選ぶというのも、安心に繋がるポイントの一つといえるでしょう。

性病で困った経験のあるソープ嬢口コミ

最後に、現役ソープ嬢が語る性病に感染した口コミの一部を紹介します。

現場の声は、よりリアルなイメージに繋げられることでしょう。

ぜひ目を通しておいてください。

東京吉原勤務24歳

「性病のリスクは働き始める前から分かっていました。

ですが、東京に出てきたからには、風俗嬢になるからにはいいところで働いて、十分すぎるほどのお金を稼ぎたい!そんな強い意思があったので、高級店のNS嬢を始めたんです。

私レベルが厳しい高級店で働けるなんて、正直思ってもいなかったので、採用通知を受けたときにはとても喜びました。

ですがNSなだけに、やっぱり早い段階で性病にかかってしまいました。

覚悟していたとはいえ、ショックでした。

恋人に振られるし、仕事も一定期間できないで最悪でした。

でも、お店が本当に女の子思いの良いところだったので、そこまで苦にすることなく、また復帰できました。

信頼が持てる性病科を紹介してくれたり、スタッフみんなが優しく接してくれたりして、暗い気持ちにはそこまでなりませんでした。

良いお店に出会えて本当によかったです。

これからは、消毒や体調管理などに一層気を遣いながら、無理なく働いていこうと思っています。」

名古屋栄勤務23歳

「普段通り働いているとき、ちょっと股間にかゆみを感じたので、軽く掻いたんです。

そしたら、お前病気なのか?!っていきなりお客さんに声を荒げられて、恐い思いをしました。

別に、ただ何となくかゆかったから掻いただけなのに…。

店長にそのことを相談すると、念のために診断を受けてみたら?とアドバイスを受けました。

実際に病気でなくても、専門家のお墨付きがあれば、ちゃんと自信を取り戻して胸を張って働けるからということでした。

診断の結果は、陰性!やっぱり、お客さんの勘違いだったみたいです。

でも、診断してなければずっとそのことを不安に思いながら働いていたんだなあと思うと、病院にいって本当によかったと思えます。

以降は、兆候がなくても定期的に診断を受けるよう気をつけています。」

まとめ

性病感染は、ソープ嬢をするにおいて目を逸らすことのできない懸念点です。

ですが、正しい知識を備えたり、自分なりの防止策をちゃんと取り入れることで、確率を下げることも十分可能です。

安心感をもって高収入ゲットに繋げられるよう、しっかり対策した上で働いてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする