ソープ嬢の年収・給料データ公開!どれくらい稼げるのか?

ソープランドは、数ある風俗の中でも代表的な一つです。

勤務する女の子は「ソープ嬢」となって、特殊なサービスでおもてなしします。

今回は、そんなソープ嬢の給料や年収についてまとめました。

詳しく知っていなければ、いざ働いても予想通り稼げないということに繋がるかもしれません。

ぜひ求人探しの参考にしてみてください。

ソープ嬢の給料って風俗業界全体ではどんな位置付け?

軒並み給料のいい風俗ワークですが、ジャンルにおいて微妙な差が生まれます。

ソープランドの仕事は、お店のランクによって異なりますが、実は総合的に見ると風俗の中でもトップクラスに給料が良いです。

超高級店で働く人気嬢ともなると、年収2,000万円、さらに億を上回る場合もあります。

生活費はもとより、一攫千金を狙うセレブライフに憧れる女の子としては、とても夢のある仕事に感じられることでしょう。

超高級店が出店しているエリアとしては、札幌すすきのや東京吉原といった、メッカ地域の中でも大規模な、全国的にも知られた場所が代表的です。

ですが超高級な料金システムを設定しているだけに、やはり採用に至るまでのハードルは高く、誰もが働ける訳ではないようです。

芸能人や人気AV嬢レベルのルックスが必要となり、さらには会社社長や実業家などの富裕層が多く利用するため、高い接客スキルも求められます。

採用されたら、かなりラッキーといえます。

ルックス

ソープ嬢のプレイ内容

ソープ嬢の仕事には、他のヘルスやイメクラとは異なり、大きな特徴があります。

一般的なヘルスのような流れや、ソープならではのお風呂場プレイに加え、本番も仕事内容に含まれているという点です。

だからこそ、群を抜いて給料が良いともいえるでしょう。

まずソープでは、名称からも想像できる通り、お風呂場での洗体サービスが行われます。

いきなりお風呂場から入るケースもあれば、キス、フェラなどの簡単な性的プレイの後に始まる場合もあり、そのあたりはお店やお客さんそれぞれです。

もちろん身体を洗うといっても、ただ泡を付けて綺麗にしてあげるのではありません。

胸や脇、ふとももなど自分の身体、さらには性器をこすりつけるなどして、喜んでもらいます。

その他、逆に洗ってもらう形や、特殊なイスを使った潜望鏡プレイなども特徴的です。

これらに加えて、本番もあるという訳です。

そのためソープ嬢になるイコール、本番もできるといった心構えで臨まなくてはなりません。

日本国内で本番OKとしている風俗は、基本的にこのソープランドとちょんの間のみです。

ですが、ちょんの間に関しては、徐々に警察からの摘発を受け減ってきているという実情もあるため、ソープランドの貴重さはより高まってきているといったところです。

また貴重な存在であることに関しては、もう少し掘り下げることができるため、次項でより詳しく説明したいと思います。

ソープランドの業界事情

ソープランドが貴重である大きな理由には、現状運営されているお店以外に、新しく出店することが非常に難しくなってきているという点が挙げられます。

現在、全国に約1,200店舗ほどあるようですが、ここ数年増えも減りもしていないそうです。

なぜなら、法律的に店舗型風俗を新規出店することがほぼできない状態となっている反面、本番OKの貴重な存在であるソープランドは人気も衰えることがなく、安定的に営業を続けることができるためです。

また女の子が十分な人数確保でき、そしてサービスレベルを落とさず、宣伝展開や客引きも効果的に続けられるのであれば、経営困難を原因につぶれるケースはかなり稀です。

その点から、一度働き始めれば、職を失いにくいということもメリットに数えられるでしょう。

給料や年収はお店のランクで異なる

風俗で働く際、やはり気になるのがどれくらい稼げるかという点と思われます。

前述にも挙げたとおり、給料や年収はお店のランクが大きく影響するので、それぞれにおける相場を知っておくとお店選びもしやすいでしょう。

高級店・超高級店、大衆店、格安店・激安店それぞれの相場をまとめたので、参考にしてみてください。

高級店・超高級店における給料・年収

まずはもっとも良い稼ぎに期待が持てる、高級店や超高級店についてです。

超高級店については信じられないような額を上限としているお店もあるので、ひとまず平均として総額60,000円であるケースを例に挙げたいと思います。

内約としては、お店が天引きする入浴料と、ソープ嬢が受け取るサービス料の大きく二つに分けられます。

バック率は約60%くらいが一般的ですので、おおよそ入浴料24,000円、サービス料36,000円くらいとなります。

ちなみにお店によって内約は変わってくるので、あくまで参考と捉えてください。

その他雑費、ジュース・お菓子代などが引かれるケースもあります。

一人36,000円ですので、出勤8時間、一日3人相手にしたとして日給換算108,000円になります。

そして週3勤務×4週と考えると、月の給料は1,296,000円です。

月100万円を越える人は、一般的なサラリーマン管理職や役員においてもそういません。

年収換算すると、さらに×12ですので、単純計算で15,552,000円です。

週の出勤数を4日にしたり、オプションやチップなども加算されると、それこそ2,000万円下らないケースも考えられます。

風俗嬢という後ろめたさも何処へやら、胸を張ってセレブライフが堪能できるレベルです。

大衆店における給料・年収

次に大衆店です。

線引きは明確ではありませんが、その名の通り、多くのお客さんがそこまで苦に感じることなく利用しやすい額を設定したお店となります。

相場的な総額としては、約30,000円あたりでしょうか。

ここではこの額を例に計算していきたいと思います。

まずバック率の平均はどのランクでもあまり変わらないため、入浴料12,000円、そしてサービス料は60%バックの18,000円くらいとなります。

同じく1日8時間待機で3人相手したとして、日給換算は54,000円になります。

そして週3勤務×4週すると、月給は648,000円という計算になります。

上場企業のベテラン管理職月給のさらに上といったところでしょうか。

年収としては、7,776,000円になります。

さらに週4勤務すれば、夢の年収1,000万円生活も現実のものにできてしまいます。

大衆店でも、贅沢な暮らしを目指すことは十分可能です。

格安店・激安店における給料・年収

最後に、低所得層でもある程度お金が貯まれば通える、格安店・激安店と呼ばれるランクのお店についてです。

こちらは大衆店よりもさらに総額平均は下がり、15,000円程度が一般的です。

上記までと同じくバック率換算すると、入浴料6,000円、サービス料9,000円になります。

まず日給換算ですが、1日8時間勤務で3人とプレイする場合、27,000円になります。

さらに週3勤務×4で割り出した月給は、324,000円です。

年収で考えると、3,888,000円になります。

生活するには事欠かないレベルですが、他と比べると少し見劣りするかもしれません。

ですが、格安・激安店の場合はお客さん一人に割く時間が短いことも多く、日に相手できる数は軒並み増えるケースも考えられます。

そうなってくると、またさらなる稼ぎにも期待が持てます。

そしてもう一点、格安・激安店には採用されやすいというメリットも伴います。

ルックスがそこまでよくないながらも高収入を稼ぎたい、そう考える人にも、ソープ嬢として働きやすい職場といえます。

数さえこなせばそれこそ大衆店並みに稼げるケースもあるので、セレブライフへの憧れも十分持てます。

ランク別のデータ傾向通りでないことも

ここまでのデータは平均的な数字を基に計算していますが、場合によってはランク通りの収入とならない場合も考えられます。

どのような状況がそういったことに繋がるのでしょうか。

代表例をピックアップしてみました。

お店やソープ嬢の人気で変わるケース

高級店、超高級店といっても、お店の状況はそれぞれです。

立地や知名度、口コミ、客引きなどにより、料金設定が超高級体系であっても、利用するお客さんが比較的少ないことも考えられます。

同時に、ソープ嬢自身の人気がなければ、仮にお店が繁盛していても、お客に付くことが難しく、あまり稼げないことも考えられます。

そのためしっかり確実に稼ぐには、実際に繁盛している高級店・超高級店で働き、さらに人気を付ける努力をすることが大切となってきます。

人気嬢ともなれば、一日3人どころかそれ以上を受け持つことも可能となるので、さらなる稼ぎにも期待できます。

人気店

雑費・税金で変わるケース

もう一点、忘れてはならないのが、入浴料を引いた残りのサービス料から、さらに引かれる可能性のあるお金です。

前述でも軽く触れましたが、雑費や税金がそれに当たります。

まず雑費ですが、主にはジュース・お菓子代、タオルクリーニング代、コンドーム代、ローション等のアイテム代、歯ブラシ・ボディソープ代などがあります。

お店が払ってくれそうにも感じられるところですが、基本的にソープ嬢の取り分から天引きされることが多いです。

そして忘れてはならないのが、もう一方の税金についてです。

受け取り時に関して引かれることは基本ありませんが、確定申告で支払う際、大きく持っていかれます。

ソープ嬢は、個人事業主の位置づけで働く形となるためです。

例えば年収が1,000万円を越えるのであれば、支払額は約半分にも及びます。

申告以前に、稼いだお金を経費として使用していれば納税額も減らせるため、工夫するようにしてください。

ちなみに申告しなければ払わずにいることもできますが、税務調査で発覚した場合、追徴課税としてまとめて持っていかれる形となるので、基本的にはちゃんと収めておくべきです。

まとめ

風俗業界でもトップクラスに稼ぎの良いソープ嬢は、かなり夢のある仕事といえます。

それこそ超高級店ともなれば、年収2,000万円以上をも狙えます。

本番もOKにできる女の子であれば、挑戦して損はないでしょう。

ですがお店によってはランク通りの給料具合にならないこともあるので、求人を探す段階でしっかりこだわるべきです。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする