JKリフレの危険性について

よく危険性があると言われるJKリフレのバイトは本当に危険なのか、そしてその理由とは一体何なのかということを知ることは非常に重要なことです。

確かに稼げる可能性はあるものの、法律違反をしているお店があるのも事実です。

JKリフレでのバイトは危険?

10~20代前半の若い女性が、学生服などを着て性的なサービスを行わず、マッサージを行うのがJKリフレです。

渋谷、新宿、池袋などの繁華街によくJKリフレは存在しています。

女子高生であることを働く資格とするお店が多いものの、女子大生やOLでも問題なく働くことができます。

ただし、ルックスやスタイルが女子高生と思える方でないと、不採用になってしまうことも多くなります。

このJKリフレは援助交際などのトラブル増加の要因となったこともあって、18歳未満は働けないお店が急増しています。

あくまでも性的なサービスを行うことはないお店であるにも関わらず、働く女性がお金欲しさにお店のルール以上のサービスをすることや、お客様の要求に応えてしまったということもあります。

あくまでも本来はマッサージをメインに行うお店であるものの、それ以上のことを求めているお客様はいるということです。

JKリフレのお仕事内容について

カーテンなどで仕切られた半個室でマッサージをするのがJKリフレのお仕事の基本です。

病は気から

そしてマッサージをする以外にコスプレ、ひざまくら、添い寝、耳かきなどのオプションが用意されています。

法的には犯罪ではないものの、グレーゾーンなお店ということもあって、ハグなどの過激なサービスは禁止されました。

でも、お客様から女性へのタッチは禁止されているものの、お客様が触ってくることもあるのが事実です。

こういった時にはお店のスタッフに通報すると、お客様には退店してもらうことになるものの、少しくらいならと思う女性もいるものです。

JKリフレは性的なサービスを行うお店ではないのは間違いありません。

でも、バイトをするのは必ずしも安全という訳ではありません。

お客様の要求に応じてしまう女性もいることが、より働きにくくしている要因と言えます。

裏メニューという独自にオプションとは

JKリフレにはお店毎に裏メニューと呼ばれる独自のオプションを用意していることがあります。

バストタッチや下着のチラ見せなどのケースもあって、それが法律違反となっていることもあるのが事実です。

そして、その裏メニューの中には店外デートを楽しめるものもあります。

見えそうで見えない

食事やカラオケに行くなど普通のデートをするものです。

これは全てオプションになって、当然女性の報酬にも反映されます。

店内のオプションに比べて高額となっているのが特徴的です。

このデートの時にはお客様からプレゼントを贈られることもあり、それは女性が受け取って問題ありません。

その為、女性としてはやはりいかに店外デートを多くするかが大きなポイントになると言えます。

店外デートだけでもかなりの収入になるのは間違いありません。

ただ、お店の中ならまだしも、店外デートとなると当然危険性は高まります。

ストーカー被害や売春の温床になっている部分もあります。

実際に問題が起きて摘発されたという店舗も多数存在しています。

決して必ずしも安全なバイトとは言えないのがJKリフレのバイトです。

どういったJKリフレは避けるべきなのか

JKリフレでバイトをするにあたり、非常に重要なのがお店選びです。

それはやはり違法営業を行っているお店もあるからです。

当然まっとうに営業しているお店もあるもので、そういったお店でバイトをするのが望ましいと言えます。

その為、どういったお店が良いのかを知ることが大事になります。

まず、裏オプションを許可しているお店は危険です。

この裏オプションとは、話し合いでサービス内容と料金を決めてプレイするというものです。

当然、お店のルール以上のこともお店としては認可しています。

性的なサービスを行うこともあるもので、こういったお店ではバイトをしないようにしないといけません。

さらに、本物の女子高生を働かせているお店も危険です。

入店時に年齢確認を行っていない可能性も否定できません。

当然警察沙汰になるとすぐに閉店となってしまいます。

法律違反であることを割り切っているお店に関しては論外です。

デリヘル化しているJKリフレ

JKリフレとしての営業では経営的に困難となると、デリヘル化するお店も多いです。

当然お客様のご自宅やホテルに派遣するのは危険性が高まるものです。

マッサージのみという体ではあるものの、何があるか分からないものです。

そして、何かあった時に対応できなくなってしまう部分もあります。

簡単に稼げるといったうたい文句で勧誘しているのが特徴的です。

こういったJKリフレでは当然働くべきではありません。

そして、給料もJKリフレの時とさほど変わらないことも多く、もはやJKリフレではありません。

警察に通報するのは誰か

JKリフレは摘発が相次いでいるのが事実です。

拘束プレイ

この摘発が相次いでいる事実が、JKリフレが商売として成立しないと思って、撤退するというお店も多くなる要因になります。

ここで気になる点としては、警察に通報するのは誰なのかということです。

何らかの摘発がないと、警察は動かないものです。

この通報するのはお客様であることもあれば、働く女性であることもあります。

お客様であるのは想像に難しくはないものの、働く女性であることも事実です。

これはどういった事なのかと言うと、お店側がお客様の要望を叶えてあげることを最優先しているからです。

働く女性としては、当然性的なサービスがないことを分かった上で働いているものです。

お店側が売春を斡旋しているケースもあるので、女性が通報する理由になります。

決して自分は問題ないにしても、ほかの女性が問題ありと判断すると、通報に繋がります。

これが安心して働けない理由となります。

JKリフレのバイトが危険と言われる所以は、この部分にもあります。

下火になりつつあるJKリフレ

もちろん安心して働けるお店であることが条件であるものの、JKリフレのバイトは今の世の中の状況にマッチしている部分もあります。

これは、摘発が影響し店舗数が少なくなってきているからです。

お客様からすれば、JKリフレを利用したいと思っても、肝心のお店がないのは痛いと感じるものです。

そこで、当然店舗数が少なくなっているからこそ、今現在営業しているお店にはお客様の利用が多くなるものです。

一時期に比べれば下火になっているのは間違いありません。

店内での競争はもちろん、他店との競争もあるとなると、どうしても稼ぐのが難しくなる部分もあるものです。

店外デートサービスでしっかり稼いでいる方も少なくありません。

単価が高いオプションをたくさん追加することによって、しっかり稼げるのは間違いないです。

逆風となっている部分もあるものの、同時に追い風となっている部分もあるものです。

お店で売春を斡旋

風俗店として警察の許可を受けておらず、性的なサービスは一切禁止されています。

ただ、JKリフレの中にはお客様と女性が話し合いを行って性的なサービスを行うことが当たり前となっているお店もあります。

言ってみれば、お店で売春を斡旋しているものであって、当然ゴタゴタがあって閉店することもあれば、摘発されてしまう要因にもなるものです。

まして今の時代においては、インターネット上で性的なサービスができると書き込みをされることもあって、それを元に警察が調査に動くこともあるのが事実です。

言うまでもなく、こういったお店では働かないのが一番です。

警察沙汰になることも、売春を斡旋される可能性もあります。

女性本人の意思で行っていたとしても、その影響はほかの女性にも大いにあるものです。

入店時の年齢確認の重要性

入店時に年齢を確認するのは至極当然のことです。

風俗店の場合で考えるとより分かりやすいです。

風俗店の場合は、18歳未満の女性は働くことができないことをご存知の方も少なくないでしょう。

もしもそれが発覚してしまうと、お店は営業停止処分となります。

相当なリスクがあるのは明白で、この部分を徹底するのは当然だと言えます。

JKリフレでは本物の女子高生を働かせるのは非常にリスクが高いと言えます。

警察保護のみだけでなく、補導の対象にもなります。

今までは注意のみで済んできた部分もあるものの、今後は警察が介入してきます。

JKリフレは風俗店ではないのが事実あるものの、女子高生が働いているというのは、入店時に年齢確認をしっかり行っていない可能性があります。

今の時代においては、JKリフレで本物の女子高生を働かせるのはどれだけのリスクがあるのか、お店側は当然分かっています。

にも関わらず働かせているのは、利益重視で考えているからです。

様々なリスクがあることを理解すべき

警察の摘発、売春の斡旋、ストーカー被害といったリスクは、JKリフレのバイトにはあるものです。

あなたには全く問題がないにしても、ほかの女性やお店側が行っていることが影響し、その影響があるかもしれません。

非風俗的なお店であっても、しっかり稼げる可能性は十分にあります。

ただ、様々なリスクがあることを理解した上でバイトをしないといけません。

ただでさえ目を付けられている現状があるもので、この点も考慮すべきと言えます。

まとめ

JKリフレは風俗店ではありません。

耳かきやマッサージなどを行うお店です。

しかし、独自のオプションである裏メニューが存在しているお店も少なくありません。

こういったお店はいつ摘発されるか分からない部分があります。

本物の女子高生を働かせるお店に関しては、特に注意しないといけません。

安心して働けるお店であるのかの確認は絶対に必要です。

様々なリスクがあることを理解し、その上でバイトをするようにすべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする