風俗・水商売のスカウトマンとはいったいどんな人

若い女性はよく街中でも声をかけられるでしょう。

それらの多くはナンパと呼ばれる場合が多いのですか時には風俗へのスカウトマンである事も多いものです。

繁華街に多い彼らは、別名「キャッチ」との呼ばれているのですが果たしてどのような人たちなのでしょうか。

もし、街中でスカウトマンの声をかけられたらという事もある程度は考えておく必要がある事です。

良い場合も悪い場合もその両方は考えておく必要があるという事です。

スカウトマンに声をかけられたら

風俗に限らず、芸能界においてもスカウトマンは活動しています。

それは、自ら応募してくる事はなくてもスカウトされるといつのまにかそんな気分になってしまうという心理をうまく突いているからです。

特に風俗のスカウトマンの粘り強さは求人かなかなものです。

それは、彼らの生活がかかっているからです。

スカウトマンの収入はスカウトしてその女性が紹介した風俗店へと入店しただけではたいした収入にはなりません。

一定の期間の仕事をしてからその成果に基づいて報酬が支払われるのです。

しかし、時には悪いスカウトマンもいます。

最初から風俗店のスカウトと言っているのであればかなり良心的であると言っても良いでしょう。

最悪なのは、タレントやモデルといってスカウト活動をしているのにその実態はAVやアダルト系のエロモデルとして紹介しているような場合です。

最初にこう言うと怖いというイメージがさきに出るかもしれませんが決して悪い人ばかりでは無い事も事実だという事は知っておいて頂きたい所です。

キャバクラ求人

スカウトマンを呼び寄せる人

路上でスカウトマンが声をかけるタイプの人とはどのような人なのでしょうか。

これはある程度予測が付きます。

というよりも女性の方からスカウトマンが好んで声を描けるような要素を表に出している事が多いのです。

その特徴としては、流行っているファッションに近いがセンスがずれている・靴が一見して安物だと分かる・靴のかかとがすり減ったままで履き続けている・素肌を露出させる服をきている・派手なファッションをしている等です。

実はこの選択基準はあるものととてもよく似ています。

それは、ナンパしやすい女の子の特徴とほぼ一致しています。

時には、現役の風俗嬢を他店への引き抜きの為にスカウトしている場合もあるでしょうがそれは普段ではなかなかお目にかかれません。

街中でのスカウトが主流と言えます。

ですから、スカウトマンからよく声をかけられるという時は他の男性からもそう言った感覚で見られているのだという事になります。

反対にスカウトマンを呼び寄せる事もこういった事をしていれば簡単に向こうから寄って来てくれるという考え方になるのです。

スカウトマンはどんな所へ紹介するのか

スカウトマンの仕事は女性を風俗産業のどこかへと紹介する事だという事は先ほどもお話したと思います。

それでは具体的にどんな所へと紹介しているのでしょうか。

それは、そのスカウトマンがどんな業種から依頼を受けているのかによって変わってきます。

AVも有れば、ソープランドもあります。

デリヘルやファッションヘルスもあるしイメクラだてあります。

当然、キャバクラやセクキャバ、ピンサロだってあります。

言い変えると風俗の種類だけ、スカウトマンがいると言っても良いでしょう。

これらもスカウトマンが果たしてどんな会社に所属しているのかによって紹介されるお店のランクも変わってきます。

つまり、それは待遇にも直接関わってくるのです。

大切に事は先ず、その場で面接にまで行ったりしない事です。

相手の連絡先や会社の名前等のわかるものを貰い、一度帰宅してからその会社を調べる位で丁度良いでしょう。

きちんとした会社であればちゃんと名刺を渡してくれますしその会社のホームページも必ずあります。

スカウトマンを利用するメリット

スカウトマンを利用すればそれなりのメリットは確かにあります。

それは、これまでは知る事ができなかった高収入のアルバイト等について詳しく教えてくれる事です。

普通ではなかなか風俗の詳しい事までを知る機会はないものです。

しかし、彼らはその業界へと女性を紹介しているのですから詳しい生の情報が聞けるというメリットがあります。

また、その地域の情報にもとても詳しいので確実に短期間で稼ぎたいというような場合にはとても心強い存在となるでしょう。

また、入店や面接の時に立ちあってくれるというのも心強いものです。

同じようにトラブルがあった時や退店したりお店を変わったりしようとしたときにも頼りになります。

また、一端紹介した以上はそれなりの責任があるので後々の相談に乗ってくれたりとメンタル面でも心強いと言えます。

風俗という世界が初めてだというような場合は、こう言ったスカウトマンのメリットを考えて利用するのも良いでしょう。

スカウトマンのデメリット

メリットがあればデメリットがある事は当然です。

そして、メリットはそのままデメリットへと変わりかねない事も事実です。

スカウトマンと一緒に面接へ行ったとしても、はっきりいって合格率は変わりません。

隣に居てくれるだけ心強いというだけが取り柄です。

また、もしもお店を辞めようかと考えた時にかえって不都合が発生する事もあります。

彼らは自分が紹介した女性が仕事をし続けてくれる事を前提にしてお店との契約をしていますからあまり早く退職されると困るというのが本音です。

その為に、お店を辞めたいと相談すると反対になだめたりして少しでも長く今のお店に居るようにしようとするのです。

また、すぐに別のお店へと紹介して手数料だけを次々と稼ごうとしているツワモノもいるのです。

いずれにしても人と人との関係があってのものです。

もしかすると悪いお店と繋がっているかも知れませんし、とても良心的で頼りになる存在になってくれるかも知れません。

これらの二面性はいつも考えておくべきでしょう。

アルバイト面接の注意

アルバイトの面接だから気軽に考えていてもいいよ。

などと簡単に面接へと連れ込もうとしている場合には特に注意が必要です。

例えアルバイトであっても風俗の世界へと入る事はそれなりに覚悟が必要です。

そんな大切な事をいとも簡単に面接だけだからなどと言っている時点で怪しさがかなり高まってくるものです。

特にアルバイトというイメージの軽さからついふらふらと面接へと着いていくとろくな事にはなりません。

スカウトマンには権限は無い

これも大切な事ですが、ついその場の雰囲気に流されてしまう事があるものです。

スカウトマンの中には、最初に入店テストと称して、アルバイト希望の女性をホテルなどへと連れ込んで風俗と同じようなプレイを強要するたちの悪い輩もいるのです。

少し考えると分かるのですが、いかにアルバイトとはいってもスカウトマンには採用を決める権限などまったくありません。

それなのに、勝手に入店テストなどをでっちあげているだけなのです。

こういった場合は最初にはっきりと断れば良いのですが、入店テストの結果次第では特別な待遇のお店へと紹介できるコネがあるなどとうまく言いくるめられてしまう事もあるのです。

そんな被害に会わない為にも、その場での面接等はしっかりと断りましょう。

色恋営業には要注意を

色恋営業をしかけるのは女性側というイメージを持っている方もきっと多いでしょう、しかし、それは大きな間違いです。

実は、スカウトマンも色恋営業を行う場合があります。

風俗嬢としての仕事をしていくとどうしても生活のリズムが崩れてきます。

やはり、明るい昼よりも夕方から夜にかけての仕事が多くなってしまうからです。

そして生活のリズムが崩れ、それまでの友人たちとも少しずつ疎遠になっていくものです。

そうなると、体力的にも精神的にも疲れが出てきて自分をスカウトしてくれたスカウトマンについ愚痴を言ったりもします。

彼らはそんな愚痴を聞いてくれるのでいつのまにか彼らへの依存性が高まってしまうのです。

しかし、彼らが愚痴を聞いてくれているのはお店を辞めて欲しくないから、ただそれだけです。

それなのに、いつも愚痴を聞いてくれるスカウトマンに恋愛感情を持ってしまう女性が少なからずいるのです。

ときには、親身になって相談に乗ってくれる時もありますが悪い場合には新しいお店を紹介すると言って、よりハードなプレイのお店へと無理やり移籍させる場合もあります。

スカウトマンはいつまでたってもスカウトマンでしかありません。

いくら本気になってしまっても決してその恋愛は成就する事はありません。

色恋営業と気付かないうちにそこに嵌り込んでいってしまう、それがもっとも恐ろしいのです。

スカウトマンが多い街

スカウトマンが多い街はやはり何と言っても繁華街です。

ここは常に多くの人が色々に意味での快楽を求めて集まってくるので声をかけやすい環境が整っているのです。

東京ならば、新宿歌舞伎町・渋谷道玄坂がもっとも有名でしょう。

名古屋なら、栄です。

大阪だったら、戎橋・アメ村・心斎橋でしょうか。

福岡では中洲か天神でしょう。

これらの地名を見ていても分るように繁華街でありその地方の情報発信の中心的役割として多くの人から認められている場所です。

こういった場所に出向く事は若い世代ではトレンドの最先端として心も踊る事でしょう。

しかし、スカウトマンたちもこういった場所に集まってきているのです。

道玄坂

スカウトサイトというものもある

風俗店で働くには別にスカウトされなければならないというものではありません。

自分で募集のサイトをみて応募しても良いし、スカウトサイトというものもあります。

スカウトサイトだと自分が気に入った条件のお店がみつかるまで特に誰にも会わなくても良いという事でとても安心できます。

また、こういったサイトに登録しているという事はそれだけ信頼のできるお店であるという事にもなりますので興味があれば探して見てください。

まとめ

スカウトマンか良いとか悪いという判断はひとえには出来ない所があります。

しかし、風俗という人生の選択肢ではそう言った事も含んで物事を自分でしっかりと考える必要もある事は事実です。

その方法としてスカウトマンという方法もあるという訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする