民泊のホストで副収入をゲットできる「Airbnb」

近年では民泊という言葉をよく耳にするようになりましたが、これはホテルや旅館などではなく民家を利用した新たな宿泊のシステムです。

Airbnbは宿泊先予約サイトとして知られていますが、民泊を仲介するサービスも行っています。

ここではAirbnbの概要や民泊のメリットについてご紹介します。

Airbnbの概要や特徴

Airbnbは宿泊施設として利用できる邸宅を持つホストを仲介する民泊仲介サイトです。

スマホ用のアプリもリリースされるなど、その人気ぶりは加熱している状況ですが、自分の部屋をショートスパンで貸して副収入を得たい方から特に人気を得ています。

Airbnbのホストになるのに特別な条件はなく、貸し出すことのできる土地や部屋を所有している方なら誰でもホストになることができます。

法人はもちろん個人でもホストになることができるため、そこが高く評価されているみたいですね。

Airbnb自体は日本ではそこまで知名度は高くありませんが、実は世界190ヵ国以上でサービスを提供していますし、日本法人も存在しています。

信頼性は高いサイトですから安心して利用できるのはほぼ間違いありません。

貸出することのできる部屋や家を持っている方はAirbnbにホストとして登録しておくと副収入を簡単に得られるかもしれませんよ。

Airbnbで部屋を貸す

実際にAirbnbを利用して宿泊先を提供する方法ですが、まずはAirbnbに無料会員登録をしなくてはなりません。

会員登録しないとサービスを利用することができませんから、まずは会員登録からスタートしましょう。

フェイスブックのアカウントを既に持っている方だとフェイスブックアカウントを利用してログインできます。

自分の顔写真をアップロードし、プロフィールと紹介分を充実させます。

宿泊先を探しているゲストはプロフィールや顔写真からしか情報を入手できませんから、不安を解消してあげるためにもプロフィールはしっかり充実させておく必要があります。

実際に宿泊先として提供する部屋の写真もアップロードします。

どのような部屋をホストが用意しているのか分からないのに泊まる人はいませんよね。

お部屋の写真をアップして文章での紹介、料金も設定して公開します。

あとは予約を受けてリクエストを承認し、ゲストが実際に宿泊に来るまで待つのみです。

だいたい大まかな流れとしてはこんな感じですね。

貸す

Airbnbの利用で収入を増やす

Airbnbを利用することで副収入を得ることは可能です。

これ一本で食べていくことはまだ難しいと思いますから、正業を持ちながらAirbnbを使って副収入を得ていくという形にしたほうが間違いないでしょう。

ただ、実際にサイトを利用していてもなかなか宿泊の予約をしてくれる人がいない、と悩んでいる方もたくさんいます。

そのようなホストの場合、プロフィールが充実していないことが多いですからそこを見直す必要があります。

基本的にエアビーアンドビーを利用するゲストというのは海外の方がメインです。

日本で安く泊まりたいという方が利用するケースがほとんどですから、そこをしっかり理解しておかねばなりません。

仮に自分が海外に出かけて民泊するとして、どのようなホストなのか、どんな部屋なのかといった情報が少なすぎると怖いですよね。

民泊というのは日本人同士でさえちょっと怖い部分がありますから海外の方だとさらに不安は大きいと思います。

不安を解消してあげるためにもプロフィールを充実させ、安心して泊まれる部屋ですよということをアピールすることが大切です。

あまりにも露骨にアピールすると怪しまれる可能性がありますから、その辺は考えながらプロフィールを作りこんでいきましょう。

宿泊客とのトラブルは?

日本でも民泊についてのニュースが報道されることも多くなりましたが、やはり外国人を泊めるケースが多いためトラブルになることもあるみたいですね。

どのようなトラブルかにもよりますが、鍵の受け渡しミスなどのちょっとしたトラブルについてはメッセンジャーアプリのIDを交換しておくことで回避できます。

利用する方の国によって利用されているメッセンジャーアプリの種類が異なりますから覚えておきましょう。

日本で大人気のラインは東南アジア系の方がよく利用していますし、カカオトークは韓国人がよく使っています。

WeChatは中国の方がよく使っていますし、香港やマカオといった中華圏の方が利用しているケースが多いです。

全部インストールしてIDを作っておけばさまざまなケースに対応できますからできるだけ全部ダウンロードしておくことをおススメします。

宿泊料金は自分で決められる

いったいどれくらいの収入を得ることができるのかというのはもっとも気になる部分ですよね。

貸し出す部屋の料金については自分で決めることができますから、自由に部屋の料金を設定してください。

ただ、念のために相場などは調べておくとイイですね。

なかなか宿泊してくれる人がいない、というケースだと明らかに高すぎる料金設定にしていることが多いです。

また、未払いのリスクがあるのではと不安に思っている方は多いかもしれませんが、ゲストとホストが金銭のやり取りをすることはありません。

すべてサイト側がやってくれますし、未回収になるようなリスクもないでしょう。

ただ、利用料金すべてがホストのモノになるわけではなく、エアビーアンドビー側に手数料として引かれる分があります。

そこは理解しておきましょう。

外国人と仲良くなれる

民泊を利用するのは外国人の方が多いですから、エアビーアンドビーを利用して民泊を始めると海外の方と交流を深めることもできます。

まったく関わらないでいることももちろんできますが、ホストによっては積極的に外国人の方とコミュニケーションを取って交流を深めるケースも珍しくありません。

外国人によっては日本人と仲良くなりたいという方もいますから、積極的にコミュニケーションをとるのもいいかもしれません。

自然と外国の方と仲良くなることができますし、自分の知らない異国の文化をいろいろと教えてもらえるかもしれません。

多少の日本語を勉強してくる方が多いですから、まったくコミュニケーションが取れないということもないでしょう。

スマホやタブレット型の端末があればそれを使って筆談ということも可能ですよね。

いろいろな国の方が訪れることが考えられますから、さまざまな国籍の方と仲良くなれるのはメリットです。

グローバルな人間の仲間入りを果たした気分になれますし、日本人にありがちな外国人恐怖症も改善されるのではないでしょうか。

語学練習

人脈を広げられる

海外の方と人脈を広げることで今後何かの役に立つことがあるかもしれません。

自分が海外に行ったときに現地を案内してくれるかもしれませんし、家に泊めてくれるかもしれません。

また、何かしらの事業を展開しようと考えているのならそれに役立つかもしれませんね。

ビジネスを成功させるうえで人脈は非常に重要と言われていますし、外国人の方との人脈が増えるのはさまざまな面でプラスに働くのではないでしょうか。

語学力のアップに役立つ

語学力を伸ばすのにも役立つかもしれません。

外国の方がたくさん訪れますから、自然と外国語に触れ合う機会が多くなります。

英語はもちろん中国語や韓国語などさまざまな言語に触れ合うことになるでしょう。

訪れるゲストと積極的にコミュニケーションをとることで語学力が磨かれ、気が付いたらマルチリンガルになっていたということもあるかもしれませんね。

語学力を伸ばすにはとにかくたくさん話すことだと言われています。

日本人の英語学習が間違いと言われるのはインプットばかりが多くアウトプットが少ないからとも言われていますし、近年ではそのような学習方法に疑問を投げかける声も出ています。

それくらいアウトプットは大切ということですから、積極的に話しかけることによって英語や中国語、韓国語がマスターできるかもしれません。

空き家があればホスト登録を

使い道のない空き家をそのままにしておいてもムダですし、それならいっそのこと民泊に利用したほうが遥かにマシではないでしょうか。

遊ばせておいても税金を支払わないといけませんし、せめて税金をペイできるくらいの稼ぎになればイイという気持ちで気軽に登録してみるのもイイと思います。

ホスト登録は簡単にできますし、時間もかかりません。

フェイスブックのアカウントがあればそのままログインもできますから、民泊に利用できる空き家などがあればぜひ登録してみましょう。

セミナーも活用しよう

何から始めていいのか分からない、という場合はセミナーを活用してみるのもオススメです。

エアビーアンドビーではホスト向けのセミナーも開催しているようですし、説明会なども行っていますから参加してみる価値はあるでしょう。

無料で参加できるセミナーもあれば、有料で受講できる説明会などもあるみたいです。

ネットで検索して最寄りで受けられる場所を探してみましょう。

セミナーや説明会と偽って人を集め、そこで高額な情報商材などを勧めてくるケースもありますが、これは悪質な業者の手口ですから相手にしないようにしましょう。

ネットを使って収入を得られるもので、短期間で楽に稼げる、すぐに現金が手に入るといったものはエアビーアンドビーに限らず基本ウソで詐欺です。

セミナーを受ければ今まで疑問だったこともすんなり解消できると思いますから、まずはセミナーを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

エアビーアンドビーを使った民泊の方法やホスト登録などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

まだまだ日本では馴染みがないため不安な方も多いと思いますが、これから先はこのような民泊も増えてくるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする