風俗における面接内容について

デリヘルやソープなど風俗にもさまざまな種類があります。

これから風俗でバイトしてみたいという方だと面接を受ける必要がありますよね。

そこで、ここでは風俗のバイトを始めるときに受ける面接の内容などについてご紹介します。

面接前に確認すること

風俗の採用面接を受ける前にチェックしておくべきことはいくつかあります。

まず、一つは採用面接を受ける場所です。

風俗店の面接は必ずしも店舗のある場所で受けるとは限りませんから注意が必要です。

特にデリヘルのような無店舗型の場合はカフェやファミレスなどで行われることも多いですから、問い合わせをしたときにきちんと確認しておきましょう。

確認を怠ってしまうと当日どこに行けばいいのか分からない、という状況に陥ってしまいますよ。

また、交通費を支給してくれるかどうかもチェックポイントです。

お店によっては面接場所までの交通費を支給してくれるところもあります。

こちらから聞かないと出してくれないところもありますから、念のために確認しておいたほうがイイですね。

風俗でバイトしようと考えているくらいですから、中にはお金に困窮している方もいると思います。

そのような方だと少しでも出費は少なくしたいはずですし、交通費も確認しておきたいですね。

採用面接前に用意するもの

採用面接を受けに行く時に手ぶらということはまずありません。

中にはそのようなお店もあるかもしれませんが、たいてい持参してほしいものを伝えられるケースがほとんどです。

基本的にデリヘルやイメクラといった風俗は18歳以上の女性しか働くことができませんから、それを確認できる公的な書類が必要となります。

また、18歳になっていたとしても女子高生を働かせることはできませんし、18歳未満の女性を働かせるとお店も罰則を受けてしまいますから絶対に身分証は持ってくるように言われるでしょう。

顔写真がついた公的な身分証明書ならまず問題ありません。

免許証やパスポート、大学生なら学生証でも大丈夫です。

健康保険証や住民票のコピーでも大丈夫なケースがありますが、やはり顔写真つきのものが安心です。

顔写真つきの身分証を一つ持っておくと今後ほかのお店で働くときも使えますから作っておくとイイですね。

採用面接で合格すると契約書を交わす風俗店もありますから、印鑑も一応持っておいたほうがイイかもしれません。

ただ、契約書に捺印する前に内容をきちんと確認することは大切です。

お店によってはとんでもない内容の契約書を用意していることもありますし、辞めたときの違約金などについて書かれていることもあります。

もし契約書の内容が今一つよく分からない場合はとりあえず持ち帰り、契約に詳しい専門家に確認してもらうといいかもしれません。

風俗バイトの面接の内容

風俗店の面接の内容ですが、これはお店によってまちまちです。

ただ、基本的に聞かれる内容というのはだいたいどの業種でも似たようなものですし、そこまで大きく違うということはありません。

どれくらい稼ぎたいかということはたいてい聞かれます。

女性の稼ぎたい額によってシフトを決めたり、勤務時間を割り振ることがありますから正直に答えましょう。

ここでいい加減に答えてしまうとあまり仕事を入れてもらえなかったり、お店がプロモーションしてくれないこともあります。

具体的にこれくらい稼ぎたい、ということをしっかり伝えておくとお仕事もしやすいのではないでしょうか。

どの程度の頻度で働けるかということも聞かれます。

これがもっともシフトに影響してきますから、ムリのない範囲で答えておきましょう。

風俗嬢の多くは一日働いて二日休むといったローテーションが多いですから、最初は週に二回くらいの割合で働くと良いかもしれません。

いきなりムリしてしまうと体力的にもしんどくなってしまいますし、メンタル面をやられてしまう可能性もあります。

どうして風俗で働こうと思ったのか、ということについても聞かれることが多いです。

本音を言いたくないのならそれでもイイですが、それっぽい理由は考えておきましょう。

借金返済のためや生活のためなどが無難かもしれません。

どんな服装で行けばいい?

風俗店の面接だからといって特別気合の入った格好をする必要はありません。

また、大学生の就活のようにパンツスーツやリクルートスーツで面接を受けるのも笑われてしまいます。

基本的には私服で大丈夫ですが、注意ポイントとしては清潔感をアピールできるような恰好にすることです。

男性に性的なサービスを提供するお仕事ですから、汚い印象を与えてしまうと不採用になってしまう可能性もあります。

なるべく清楚で女性らしさをアピールできるようなファッションが好まれます。 ワンピースなどもっとも無難ではないでしょうか。

また、風俗だからと露出の激しい服装で面接に挑もうとする方もいますが、逆効果になる可能性がありますから、露出を抑えた清楚なワンピースなどがオススメです。

バイト面接でのメイクについて

メイクも基本的にはそこまで気にすることはありませんから、いつも通りのメイクで大丈夫でしょう。

ただ、普段から派手目のメイクが多いという方は少し落ち着いた感じにしておくと好印象を与えられます。

できるだけナチュラルメイクに近い感じがイイですね。

ただ、スッピンだと逆に非常識だと思われてしまいますから適度なナチュラルメイクがオススメです。

悪質なお店のケース

バイトの面接に来た女性に実技試験と言ってプレイに及ぼうとするお店もあります。

このようなお店はあまりオススメできませんからやめておいたほうが良いでしょう。

このようなお店は基本的にあまり信用できませんし、まともに営業しているお店とも思えませんからすぐに立ち去ったほうが無難です。

また、お店によっては別の業種を勧めてくることもあります。

ソフトサービスのバイトがいいと思って出張エステやアロママッサージ、オナクラなどのお店に応募して面接を受けたものの、もっと割のイイバイトがあるとソープなどを勧めてくる場合があります。

このようなお店もあまりオススメとは言えません。

中にはグループ店にソープなどがあって、本当に好意から勧める場合もありますがこのようなケースは稀でしょう。

もっと悪質なケースになると女性とセックスするためだけに広告を出して女性を募るようなこともあります。

バイト面接にやってきた女性と実技、研修と称して本番を行い、後日採用かどうかを連絡するといった悪質極まりないケースもあります。

まともな求人サイトや情報誌以外で見つけた求人だとこのようなこともありますから注意しましょう。

キャバ嬢の面接と対策について

キャバクラは華やかな世界でのお仕事となりますから、あまりにも地味な格好やみすぼらしい格好で面接を受けるのは避けたほうが良いでしょう。

かといってあまり派手過ぎるのも逆効果ですから、適度に高級感を演出できるようなコーディネートがオススメです。

キャバクラは接客がメインのお仕事ですから、正しい言葉遣いができないと話になりません。

面接してくれている担当者に対してタメ口で話したりするのは絶対にNGです。

正しい日本語と敬語をを使うのが常識ですが、自信のない方は本などを購入して勉強しておいても良いでしょう。

面接場所には最低でも五分前には到着しておくべきです。

キャバクラのような接客業は時間に厳しいですから、仮に遅れてしまう場合でも絶対に連絡を入れておくことはマストです。

ソープでの面接や対策について

ソープでの面接もキャバクラや他の風俗面接と大きく変わることはありません。

聞かれる内容などもほとんど同じですから、あまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。

高級店の場合はルックスだけでなく内面もチェックされますから、言葉遣いには充分チェックしましょう。

高級店になればなるほど採用基準は厳しくなりますし、言葉遣いや立ち居振る舞いもしっかり見られてしまいます。

どうしても高級店で働きたいのなら一度自分を磨きなおしてみるのも良いでしょう。

写メ面接について

風俗嬢の出稼ぎについてご存じの方もいるかもしれませんが、風俗嬢の中には出稼ぎで稼いでいる方がたくさんいます。

夏の間だけ北海道のススキノへ稼ぎに行っているという方もいますし、気分転換に地元を離れて働いているという方もいます。

出稼ぎするときにはわざわざ現地まで訪れて面接を受けるということが難しいですから、たいてい写メ面接と呼ばれる面接が行われています。

文字通り、自分の携帯やスマホで撮影した写メをお店に送って合否を決めてもらうという面接です。

面接基準が緩いお店だとほとんどのケースでこれだけで合否が決められます。

ときどき写真写りを良くしようと加工アプリで加工してしまう方がいますが、これは不採用になる原因にもなってしまいますから絶対に止めましょう。

加工した写メで合格しても実際に店舗に訪れたときにクビになってしまうこともあります。

面接前にシュミレーションすること

面接で聞かれることなどはたいてい決まっています。

そのため、あらかじめどのような質問がくるかを予想してシュミレーションしておきましょう。

頭の中でシュミレーションができていればどのような質問がきてもすらすらと答えることができるでしょうし、言葉に詰まらずスムーズに受け答えできたほうが好印象を与えることができます。

もし周りに協力してくれる人がいるのならその人を担当者に見立てて練習するのもオススメですよ。

まとめ

風俗の面接についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ルックスよりも面接時の対応によって合否を決めるお店は多いですから非常に重要です。

自信のない方は何度も頭の中でシュミレーションしてみると良いかもしれません。

葉遣いは割とどのジャンルでも厳しくチェックされていますから間違ってもタメ口は辞めましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする